Way around

街歩きでの素敵な出会いをおすそ分け

スノボは人生

スノボに久しぶりに行った

ニセコ

北海道の外国w

 

日本人いない

 

 

実は今会社を休んでいる

転職して体がどうしても会社にいきたくないとなってしまった

 

 

今日スノボをして感じたこと

 

友達と友達の仲間たちと5人ですべった

 

私が一番初級で

もう1人は中級の初級寄り

ほか3人は先生レベル

 

 

1本目は仲間達についてくのに必死で体がこわばってこけまくり思うようにすべれない

 

でもみんなは少し離れたところで私を見ながら待っててくれた

 

2本目からは自分のペースで滑ることに意識して周りの人の滑り方を見ながら自分なりに滑ってみた

 

体がリラックスして重心移動も思うように出来る様になり

楽しくなった

 

午後からも自分のペースを意識して

下手くそでも形になり

楽しめてすべれた

 

 

最後に友達から文句も言わないで

私たちについてきてくれてえらかったね!

 

と言われた。

 

 

ここで、私は

仕事とスノボは同じだなと思った

 

 

周りのできる人達のことを気にして

自分が同じじゃないことが嫌で

ついていけないからつらい!てなってしまった

 

 

でも最初は参加することに意味があり

頑張ってついていくこと

 

 

それは自分のペースでいいこと。

 

今日の仲間たちは

先に滑ってく子もいれば

私と同じペースで滑る子

すごくうまいのに私を気にしながら滑ってくれる子

それぞれのペースで

私といてくれた。

 

 

 

それって会社の人たちも同じだったのかも

 

見守ってくれてたんだなと思う

スノボは絶対に下まで降りなきゃいけないから

必死になれる

スノボはほんとにその人の性格が出るね

 

うん、学びの多い一日だった!

f:id:mawarimichi___30:20200124235725j:image

 

 

 

好きなことをして生きていきたい

好きなことを好きなように話せるのって大事だよね

何にも気にせず

 

高いレベルの話じゃなくて

思いのままに

 

吐き出してーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

好きなラップの話

好きな映画の話

好きな暇な時間の過ごし方

 

とりとめのない話

 

そうゆう場所を求めてる

家でもできるけどね

 

別に何を求めてるわけでもないんだけど

 

雑になっちゃう もっと話のまとめ方上手くなりたいなーーーー

 

 

 

 

パワーが欲しい。

その名の通り。

腹の底から漲る、全開超越パワーが欲しいのです。

 

なぜでしょう。

自分は自分を過信し、自分は強いのだと思い生きてきましたが

ここ最近、体力がもたない

 

そしてすぐソファにごろん

 

よくない、よくない

 

 

今日仕事早退して2時間ほど寝たら

気持ち悪かった体内がスーッとした気がした

 

 

寝不足だったのでしょうか。

 

明日から気合い入れて頑張っていきたいと思います。

 

 

今この本にハマっています

 

「ブスのマーケティング戦略」

 

年末に読んでこれだ!と思いましたね

 

まず本業に専念、機嫌のいい人になる

 

機嫌のいい人とみんな話していたいでしょう。

 

立ち回りを気にしてばっかの私でしたが

少しのことから変えていける気がしました。

 

あと、しくじり先生のクロちゃんもなかなか

振り幅があり面白かった

 

地味に私の心に刺さりました

 

 

全て自分の人生は他人事ではなく自分ごと

 

自分で責任を持って生きていく意識を持つ

 

まさかクロちゃんに教わるとは。。。

 

 

気持ちの起伏が激しく、体と心のバランスを保つのが難しい日々

 

現代病にかからないよう、不器用だけど一歩ずつ。

仕事始め

長期休みが終わり昨日から

仕事初めでした。

 

が、夜中から体調が悪くなり

初日は風邪でお休みしてしまいました。

 

今日から仕事始め

 

なんだか憂鬱で体が動かず。

ゴロゴロしていたら

旦那に会社に行きなさいと

喝を入れられました

 

会社に行きました

 

先輩と話しました

 

先輩は私の様子を察したのか

なんなのか

 

いつもより丁寧に話をしてくれました

 

熱く語るのではなく

今の私の状況を見ながら

 

新人に良い意味でも悪い意味でも

そこまで期待してないから

思うままにやったほうが良いと

 

ほんとにキツくなったら会社にいって

全部取り払って

またゼロからスタートすればいいと

 

それからのミーティングは

人の話に

少し大きめにリアクションしてみた

 

椅子にもたれず

前のめりで人の話を聞いた

 

わたしの意見を求められた

2回も

 

前のめりで聞いたし

マスクしてたし

別に良いこと言わなきゃいけないわけでもないし

 

こう思うて言えた

 

前に進めた気がした

 

 

ほどよく。

 

 

会話が合わなくなる

今日は友人の結婚式があったので

久々に実家に帰った。

て言っても3ヶ月ぶりくらい。

 

結婚式で大学の友達に会ったんだけど

なんだろう、、、

 

何を話せばいいか分からなくなってきてる。

聞きたいことが見つからない。

 

みんな主婦なんだけど

子供もいればいない子もいる。

 

私だってそうだ。こどもがいない組。

 

昔からなんとなく、大学の友達には遠慮しちゃう部分があるのかも。

それか相手に興味ががないのかも。

 

 

同じ境遇ではないのに住んでる場所が違うだけで変わるのかな。

考え方は違うはずなのに、

上辺な会話の嵐でつかれた。

 

なんだろうね。

 

年をとるにつれ話をしたくなる相手は

貴重になっていってる。

 

べつに嫌いになったとかじゃない、

だからなかなか会えない

これくらいの距離感でいいんだろうなー。

学生の頃の友人って。

 

 

 

ひとりごと

ミーティングのときに、自分の発言は必要とされていないような反応をチームからされているなと感じ、悩むことが最近おおい。

 

 


私はこうしていきたい、こういう風にするほうが好きだという思いをぶつけることが大切とわかった。

 

その意見をひとは否定はできないししない。そこに興味があるし、色々な考え方を聞きたいもの、それに対して自分は答えを出そうとして賢そうに見えるようにしてたと気づけた。

算数じゃないから答えはすぐ出ない。

 

お客さんの思いもなかなか汲み取れない。

 

自分ごと化するのは、とにかくインプットをすることが大事。
知っていく中で、ここはこういうとこが良いとこだなとかわかってきて、自分の思いが乗ってきて自分ごとできる。

 

転職してすぐ馴染むなんて気持ち悪い!

だって嘘だから。

 

私は良いものを持ってる!

ダメな部分をどんどんだしていこう。

賢くみせなくたっていいんだ。

一歩ずつ進むこと

今日はブランディングディレクター

鶴本晶子さんの日本のものづくりに対してのお話を聞いてきた。

 

 

鶴本さんは

日本のものづくりで世界ブランドをつくる!

を目標に掲げて日本のものづくり工場とともに

オリジナルブランドの開発を行っている

ブランディングディレクターだ。

 

鶴本さんの講演はとてもパワフルで

40分のもち時間があっという間だった。

話を聞きに行った経緯は

私自身もいま、ある地域の産業支援プロジェクトを担当しており、どうやって街のブランディングを確立していけばいいのか

アドバイスがほしかったから。

 

話を聞いてみると

ブランディングは準備を万全にすることが大事だということ。

かなりアイディアに偏った運試しのようなものだと思っていたが違った

 

リサーチなのだ

 

そこにはいくつもに分かれた項目がある

ビジョンからしっかり立てていくこと

本当に世の中に必要なものか

 

個人で考えてしまってもいい

自分の生活を豊かにしてくれるものであること

どれだけその価値を見いだせて

人に伝えられるか

 

ものの価値にはストーリーがある

作り手が間違いのないように伝えていくこと

そこが大事

 

それはありふれたものではいけない

マイナスとおもっていることがプラスになる

 

鶴本さんの言葉で

「自分の夢中になってやっていることが

社会のためにもなっている

視点を上げることでやっていることが楽しくなる」

 

と仕事の気持ちのもっていきかたを語られていた

 

いまこの段階でお話を聞けたこと

とてもラッキーに思う

 

 

何をすればいいか

ヒントが見えて来た

 

ものごとの成功には

いくつもの段階があって一つずつ

向き合っていくことが必要なんですね

 

 

それは自分の人生、ライフワークも同じ

 

未来と向き合ってみたいと思います!